ハイブリッドカーを買おう。そのエコで通な10の理由とは?

ハイブリッドカーってそもそもどんな車?

ハイブリッドカーとは何でしょうか?ハイブリッドカーはこの記事の肝なので、この質問で記事を始めたいと思いますす。ハイブリッドカーは、普通のガソリンでも電力でも完璧に機能する自動車のことです。ハイブリッドカーが経済性と環境への優しさという性質を兼ね備えるのは、燃料と電気エネルギーという2つを効率的に組み合わせたためです。ほとんどのハイブリッドカーはパワーを拡張するため、電気モーターとガソリンエンジンの2種類の動力源を搭載しています。ガソリンエンジンは、自動車の発進と停車に使われ、もう一つの電気モーターは車を前進させるための動力です。





ハイブリッドカーは2つの動力を採用しているため、全体として汚染を削減でき、環境保護にきわめて大きな役割を果たします。1つでなく、2つの動力を搭載していることには、もう一つの利点があります。それはガソリンの使用量を減らせるため、より多くの人に手ごろな価格を実現しているということです。ハイブリッドカーが最新の流行となりつつある昨今、インターネットでも十分な情報を手に入れることができます。それらの情報をじっくり読んでみると、これらの自動車は、パラレルハイブリッドカーとシリーズハイブリッドカーに大別されていることが分かります。ハイブリットカーについては充分な知識を得たと思うので、今度はこれを読めばハイブリッドカーを購入したくなる、という理由を明らかにしていきましょう。





ハイブリッドカーを買うこれだけの理由

あまりに多くの理由が挙げられているのでびっくりしていないでしょうか?しかしこれは冗談ではなく、実際に理由をご覧いただけば、ハイブリッドカーを買いたくなるかもしれません。

  • ハイブリッドカーのオーナーや購入を考えている人は、経済性の高い燃費の良い車を求めているはずです。誰でもそうではないでしょうか?ハイブリッドカーは、標準的な自動車と電気自動車の最高のかけあわせと見なすことができ、さらにこれで、燃費も向上しているのです。電気モーターは、動力源としては画期的な将来性があり、ハイブリッドカーを次世代のスマートヴィークルと見なしても問題ありません。
  • ハイブリッドカーは、環境に対して有害性の低い炭素を排出し、財布にとっても負担が少なく環境にとっても同様です。炭素のほとんどの排出源であるガソリンエンジンは、ハイブリッドカーで加速装置を使う場合のみに必要となります。
  • 「グリーンドライバー」と呼ばれるような人にとっては、高い環境保全意識に基づいた行動をとることに、それ自体の満足感があり、ハイブリッドカーはその達成感も後押しします。各国の政府機関は、グリーンなドライバーと認定された場合の、優遇措置を拡大してきました。たとえば、駐車場が無料で使える場所があったり、税金控除が受けられたりすることがあります。その他にもグリーンドライバーは相乗りエリアが自由に利用できることがあります。
  • ハイブリッドカーを買うと、ガソリンマイレージをためることになり、それはガソリン補給に訪れる頻度を減らすことにもつながります。ハイブリッドカーの車種によっては、使われるガソリンの種類も多様になり、標準的な自動車に使われている通常のものとは別物であることもあります。
  • 同僚の前で、ロールモデルとしての地位を確立してみたくありませんか?この記事を読んでいるような人であれば、この質問への解答は、もちろんイエスでしょう。環境負荷が少ない自動車を買うことは、家族や同僚に対して良い模範としての自分を印象付けることにもなります。
  • 自動車を買うと保険契約が必要となりますが、ハイブリッドカーのような自動車を購入すると、保険会社から相当の値引きを受けることができるはずです。
  • ハイブリッドカーにはデザインやスタイルがいまひとつと考えている人は、考えを改めてください。ハイブリッドカーは、大変にスタイリッシュで個人にもファミリーにも最適です。
  • 乗り心地など標準的な車に期待するような機能はハイブリッドカーにも備わっていますし、それ以上の機能があることもあります。
  • ハイブリッドカーの購入のもう一つの利点は、標準的な自動車よりもリセールバリューが高くなることです。
  • ハイブリッドカーにはこれだけの利点が詰まっていますが、さらにソケットを使わずにバッテリーが自動的に充電されるところも利点です。

ハイブリッドカーは誰にとっても賢い買い物であり、満足感を味わうと同時に環境を保全もすることができるという、上記のたくさんの理由から判断できると思います。

画像出典:-fueleconomy