グリーン燃料でサステナブルに暮らす

ゴーイング・グリーンと名付けられたこの取り組みは、環境への損傷を少しでも軽減する、切実なニーズにほかなりません。このような場合、資源を使い果たさないことは大変重要です。資源を使うことで私たちの生活は便利になるのですが、これらは刻々と減っているのが現状です。

代替となる資源を見つけ出すというのが、現時点での提案です。生分解性に優れ、当然ながら効率性にも優れ、効果も変わらない代替の恩恵で、生活を成り立たせるというのが理想です。たとえば、プラスチック製の包装を禁止する取り組みはすでに功を奏し始めています。つまり、ジュートバッグやその他の自然素材のバッグなど、よりよい代替が必要になるということです。実際、技術革新によりプラスチックの包装をリサイクルし、家具、靴、毛布などを製造することができるようになりました。

グリーン燃料を使うというアイデア





他の場合と同じように重要なのは、環境にとって安全な燃料を見つけることです。これは簡単なことではありません。ひとつには、このような燃料を家庭で使う設備を使うには、ソーラーパネルなどといった装置にかかる初期投資が相当に必要になるという点が少々厄介です。

ただし、人の出すごみや植物からも生成されるある種の燃料もあります。たとえばエタノール燃料「E85」を使うこともできます。これは、とうもろこしやその他のバイオ廃棄物から生成される、車にとっては理想的な選択肢です。しかもこの物質は、車が排出する二酸化炭素排出の削減など、驚くべき効能をもたらすことも知られています。

この燃料はクリーンな燃焼にも役立ち、車の効率性を結果として高めます。結果としてこの物質は、汚染のパーセンテージを劇的に減らすことができます。
さらに、E85は、従来の標準的な燃料よりはるかにコストも低くなります。





その他のオプション

一方、着実に普及してきているもうひとつのグリーン燃料に、バイオディーゼルがあります。この燃料の需要の高まりを見れば、この燃料の人気がわかります。この自然なディーゼルの一番良いところは、その原料です。

バイオディーゼルは本質的に動物の脂肪や植物油から生成されます。従来のディーゼルよりも、現在のカーボンニュートラルな燃料ははるかに有益です。このオイルは、100 %の状態あるいは従来の濃縮ディーゼルとの混合で使うという選択肢があります。

家庭で使うグリーンな燃料に関しては、ソーラーエネルギーとリサイクルの徹底が一番です。