エコフレンドリーな家電

「チャリティは家庭から始まる」という言葉がありますが、これは本当です。そういえば、まず家庭から、という発想はこのごろの流行りと言えるかもしれません。ゴーイング・グリーン (Going Green,エコフレンドリーな生活スタイル) を唱える人をよく見かけるようになりましたし、その増加速度には目を見張るものがあります。 地球をよりグリーンにするための地球規模の取り組みの中で、新たなイノベーションが日々実行されています。嬉しいことに、害を出さずに今までと同じだけの作業をこなすことができるようになってきました。エコフレンドリーな電気の使い方に関するイノベーションを利用することで、個人でもこのグリーン・ムーブメント (Green Movement) に貢献できます。





私たちは一日中電化製品をあれこれ使い、家事を行っています。そこで、グリーン家電があったら、どれほど役立つでしょうか。幸運なことに、多種多様なグリーン家電はすでに存在し、それぞれが素晴らしいエコフレンドリーなアイデアを採用しています。自家発電して電力を使うアイデアとしては、太陽光発電が大成功を収めたことはよく知られています。さらに、太陽光発電は経済的でもあります。同じように下にご紹介するグリーン家電は、環境の保護と地球の天然資源保全をサポートする素晴らしいアイデアです。

グリーンな洗濯機:

この新技術は、複数のチップを用いていて、通常の量の洗濯をしながら、電力は10分の一まで節約します。さらに、洗剤は普通よりもはるかに少ない量で済みます。洗濯の仕上がりには差がありません。同じ量の洗濯物をするのに、洗剤、電力、水の使用量はいずれも最小限に抑えることができるのです。たいしたものではありませんか。





手作りソーラーオーブン:

エコフレンドリーなソーラー調理器あるいはオーブンを使うことは、現代において、もっとも効率がよく、未来的な選択肢の一つです。この方法で、家庭用のエネルギーがかなり節約でき、同時に自宅の空気を炭素やその他の有害な化合物から守ることができます。

グリーン冷蔵庫:

グリーン冷蔵庫は、その他の大型冷蔵庫に比べエネルギー消費を20パーセント節約することができます。使用電力は、容量100リットルあたり一日0.29 kWhにすぎません。冷却材にはクロロフルオロカーボンやハイドロフルオロカーボン (CFCとHFC) を使っていません。この2つの化合物は、オゾン層を特に激しく破壊します。





誘導加熱 (IH) 調理器:


これは誘導加熱を用いた4つ口クッキングヒーターです。鉄製の調理器具がかけられると自動的にスイッチが点き、鍋が外れると自動的が切れます。コンロは、調理器具のサイズを認識する機能を内蔵しています。つまり器具のサイズに応じて、電力消費を減らしたり増やしたりするということです。このような先端的な感応システムを備えた家電は消費電力の節約に役立ちます。

上にご紹介したもの以外にもいろいろな製品があります。通常の家電をこのようなエコフレンドリーな家電に替えると、電力の節約にもなりその他の自然資源の節約も持続的に行えます。